<< しるし | main | 散水霧花火 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
地下鉄に乗っている時間が一番苦痛を感じる。だからいつもひたすら活字を睨む。目線でページが焦げるくらいに。

匿名的な関係性の中で毎日同じようなプロセスが繰り返される。圧縮、喧騒、耳鳴、舌打ち。空気もひどい。


もちろん本の内側には入れない。意識がページの面に沿って泳ぐだけで、そこから先へ進むことをしない。行間に切り取られた言葉が入り込んでくる。


明日は久々にライブだ。でもどうしようもない位に体が疲れてる。デザインって何なんだろう。言葉って何なんだろう。


原稿用紙に文章が書けるようになったら、今度は携帯で文章が書けなくなった。
| - | 21:38 | comments(1) | -
| - | 21:38 | - | -
COMMENT
朝の東西線は死が待っている。
| いと | 2006/07/02 3:57 AM |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINKS