<< コア | main | 平和なニュース >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
どこの書店を探しても石田ゆうすけの書籍が見つからない、何故か高橋歩しか置いていない。まあとにかく今日からラストの五日間ホテル、頑張ろう。もうすっかりポーターとも顔見なじみになり、割に快適な空間の中にいる。海外のビジネスマンが多く泊まっており、エレベーターで一緒になることも多いのだけれど、そんな時には必ず一声かけるようにしている。


ハロー、ハロー。シンプルなキャッチボールだけど、エレベーターの小さな空間を、ロビーまでの何十秒という小さな時間を、この言葉ひとつで埋めることができる。しかも時間を空間を埋めるだけじゃなく、たいていの場合はそこに親密な空気が流れる。


見ず知らずの、しかもバックグラウンドも全く異なる二人が、ハローの一言でコミュニケートすることができる。実に井上陽水的な言葉の妙味がここに現れていると思う。日本人の英語力が伸びないのはなんとなく納得できてしまう。机上でカリカリやる前に、ハローとハウマッチとサンキューでどこまでやれるか試してみればいいんじゃないかと思う。腹が減れば食べるわけだし、食べたら食べたでもっとおいしいものが食べたくなるわけだし。もちろん比喩的な意味で。


音楽やスポーツだって、一つの軸に沿って展開しているのに、軸を超えた多くのものを共有することができる。音符やルールはただの記号に過ぎないのに、それを超えた力が働いている。ハロー、ハロー。


なんか疲れたんで終わります。今日から多分毎日書くと思います。今までコメントくれてた皆さん、ちゃんとレスしますんでコメントバシバシお願いします。写真は夜の首都高、光のラインが綺麗で何枚も撮ってしまった。その中の一枚。

20060215_61712.JPG


| - | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0)
| - | 14:25 | - | -
COMMENT
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINKS